風邪の時、お風呂に入ってもいい?

風邪はとても身近な病症状で、誰でもが一度はかかったことがある病気なのではないでしょうか。

風邪が重いのと軽いのを分けています、ぞれぞれにかかったとき、注意すべきことがあります。

たとえば、風邪を引いたとき辛いものを食べないで、たくさん水を飲んでくださいとか、医師によく言われます。

また、風邪を引いたとき、汗を大量出るのが一番治る治療方法です。では、お風呂に入ってはいいでしょうか?

一般的には風邪をひいているんだから、お風呂に入ってはダメでそんなこと言われた覚えのある方もいるのではないでしょうか。

日本では当たり前のこととして熱があったら、風呂には入らないと昔から言われてきましたが、

欧米には熱した子供を水やぬるま湯に入れて熱を冷やしますという文化があるそうです。

実は、お風呂に入ることで風邪が悪化するという証拠はありません。

最近では、肌を清潔に保つために風呂に入った方がいいという言い方があるそうです。

とはいえ、高熱で寝ているのもめんどくさいな時にお風呂に入るのは悪化の原因になるのでやめてください。

入るのは平熱か、せめて微熱の時、そして症状が軽い時だけに控えるくらいが調度良いと考えられます。

入浴の際も決して無理しないで、体力の消耗を避けるために早めに上がるのがポイントです。

また、湯冷めには細心の注意を払って、上がったらすぐ体をふき、ドライヤーをかけておきます。